スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Python-FuによるGIMPプログラミング Part2

どうも、砂塵です。
日本一簡単なPython-Fuを目指す本企画!第2回目はファイルを読み込むのではなく、
一から画像を作ってみようというものです。

今回はGIMPの基礎画像の作成とレイヤーについて、ボリューム満点でお送り致します。

今回の前回同様、
コンソールから操作していきます。

そのため、ソースコードは別途テキストエディタに記述したものをコピーして貼りつけて下さい。

続きを読む

スポンサーサイト

Python-FuによるGIMPプログラミング Part1

更新前に、30秒ドローイング1時間耐久をやったせいで更新する前に瀕死
どうも、砂塵です。

さて、Python-FuによるGIMPプログラミングと言うわけで、1回目は普通インストールから入る訳ですが、
簡潔に済ませます。インストール作業が分からないレベルの方は申し訳ありませんが、ご遠慮願います。

なお、Pythonのインストールについては当ブログの記事で以前、扱いましたので、
インストール済みであると仮定して話を進めます。

インストール項目
サイトURL:PyGTK Downloads
・GTK+(The GIMP Toolkit)
・PyGObject
・PyGTK

この3つをインストールした後にGIMPをインストールすることでPython-Fuが利用可能になります。

※GIMPが先にインストールされている場合

 GIMPを再インストールをすることでPython-Fuが認識されます。
 スクリプトの追加などをしている場合はフォルダをバックアップしておくと便利です。

以上のインストールが無事成功している場合、GIMPのフィルタメニューにPython-Fu→コンソールが追加されているはずです。

pyt-f001.jpg
※私の環境では他にもプラグインが入っているので、画像と完全に一致している必要はありません。

インストールが済んだら、まずはコンソールから操作してみましょう。

以降は続きを読むからどうぞ。

続きを読む

プログラム大好きっ子がPythonに興味を持ったようです。Part6

ゴールデンウィーク直前!平日のプログラミング更新!

今回は画像を変換してホラーなカメラを作ってみましょう。

※実行イメージ
hsv001.jpg

実のところ、本当はグレースケイル(灰色画像)に変換して表示する予定だったのですが、
PythonはC/C++となにやら事情が違うらしく、想定していたコードが正しく動かなかったため、
HSV形式と呼ばれる表色系に変換して表示するプログラムに変更しました。

プログラムがエラー吐いてたり、グレースケイルについて検索中だったり、
実行結果から結構な余計な情報が読み取れるかと思います。

Python用OpenCVはほぼ、C/C++と同じ方法でプログラミングが可能なのですが、
ちょこちょこと差異があって結構面倒くさいです。

それはさておき、とりあえず、コードを紹介します。

コードはつづきを読むからどうぞ。

続きを読む

プログラム大好きっ子がPythonに興味を持ったようです。Part5

平日更新第5弾!平日はPythonの日。
絵を描けよとか言われそうで、あんまり言われないので今日も今日とてPythonプログラミング。
先日予告した通り、今回はカメラを使ったプログラムを紹介します。


拡張は明日やるとして今回の内容はこちら。

・カメラから画像を取得し、表示。
・カメラの画像を保存。

実行イメージ(というより保存した画像)
frame_image.jpg

では早速ソースコードを見てみましょう。
驚くほど短いのがOpenCVのすごいところ。

続きを読む

プログラム大好きっ子がPythonに興味を持ったようです。Part4

休日まであと1日!平日更新4回目!

今日はソースコードに行数をつけるためのプログラムを書いて
そのプログラム自身に行数をつけさせてみました。

#list:liner.py


001:#coding:shift_jis
002:
003:import sys
004:
005:if len(sys.argv) > 2:
006: fr = open(sys.argv[1] , "r")
007: fw = open(sys.argv[2] , "w")
008: lnum = 1
009:
010: for s in fr:
011: ss = "<span style=\"color:#00CC00\">%03d:</span>" % lnum + s
012: fw.write(ss)
013: lnum = lnum + 1
014:else:
015: print "liner.py 行数をつけたいファイル名 出力ファイル名"
016:


これは、上記のソースコードに行数を入れるために書いたプログラムです。
まさか彼も自分に行数を入れるためのプログラムが自分自身だなんて夢にも思うまいよ!

今日はちょいと眠いので今日はここまで。

次回プログラミング更新は月曜日!

予定ではネコハチビュワーの画像を縮小して、見易くしたり、
マウスイベントを処理してサムネイル一覧からの画像読み込み、
とかをやってみたいと考えています。

ソースコードはイメージが湧いていて、たぶん動く気がしますが、
まだ一行たりとも書いてないので、どうなることやら。
本当はソースコード解説とかもやりたいんですが、分り易く簡潔な説明を作るには時間がかかるものです。

土、日は多分、60ポーズ企画をやりつつ、のんびり曲でも作ってようと思います。
”しゃがませるぞ!女の子!”をスローガンに頑張っていきます。

・・・なんのこっちゃ、また次回!
twitter
    follow me on Twitter
    プロフィール

    砂塵

    Author:砂塵
    GIMP2でお絵描きしています。
    主にイラスト練習、プログラミングなどを扱っているブログです。

    Skype始めました。
    SkypeID:sazinn-gimp
    出没時間:平日21~26時、休日(土・日)

    Pixivはじめました
    微エロな絵を載せることがありますので、そういうのが苦手な方や嫌悪感を覚える方はご注意ください。

    カテゴリ
    リンク
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    RSSリンクの表示
    FC2カウンター
    FC2ブログランキング

    FC2Blog Ranking

    参加ブログカテゴリ
    にほんブログ村 IT技術ブログ プログラム・プログラマーへ
    にほんブログ村 イラストブログ イラスト練習へ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。